ページ内を移動するためのリンクです

製造活動

製造した医薬品の先にいる患者さんのために

人々の生命や健康に直接関わる医薬品には、より高度な品質保証と安全管理体制が求められています。
鳥居薬品は、医薬品製造の全工程を通して品質を維持するため、かつ「安心」という目には見えない気持ちをお届けするために、徹底した管理体制を敷いています。 そして、製造した医薬品の先に、それを求め、必要とする患者さんやそのご家族がいることを社員一人ひとりが常に意識しています。

高品質な医薬品の製造

JTグループの医薬品製造拠点である佐倉工場は、5つの工場棟からなるGMP(医薬品の製造管理および品質管理に関する基準)適合工場です。 ここでは、主力製品である蛋白分解酵素阻害剤「注射用フサン」、外用副腎皮質ホルモン剤「アンテベート軟膏・クリーム」、尿酸排泄薬「ユリノーム錠」などを製造しています。 原料の受け入れから出荷まで厳しいチェックを重ね、徹底した品質管理のもと、高品質な医薬品の製造と安定的な供給を行っています。

佐倉工場

また、佐倉工場では、JTが開発している新薬の治験薬製造も行っており、新薬の研究開発の一翼を担っています。
さらに、工場と同じ敷地内に研究所を併設するという利点を生かし、工場と研究所が連携しながら既存製品の改良を進めています。
今後も世界水準の品質保証体制の確立に向けて、さらなる取り組みを行っていきます。

ページの終わりです