ページ内を移動するためのリンクです

研究・開発活動

国際的に通用するオリジナル新薬の開発

JT医薬総合研究所

JTとの研究開発に係る機能分担において、新規化合物の研究開発機能はJTに集中し、鳥居薬品においては、佐倉工場・研究所・本社の連携の下、主として既存製品の剤形改良や効能追加等の機能を担うとともに、得意とする領域における研究開発を実施しております。
一方、JTでは「国際的に通用する特色ある研究開発主導型事業の構築」による「オリジナル新薬の開発」を目指し、研究開発力の充実・強化を図るべく、積極的に経営資源を投入しています。
6つの研究所からなるJT医薬総合研究所では、各研究所が有機的に連携を図りながら、重点研究開発領域(糖・脂質代謝、ウイルス、免疫・炎症)で新薬の研究開発を行っています。

  • 決算短信に付属している決算参考資料のうち、「研究開発の状況」に臨床開発品目一覧を記載しております。

ページの終わりです