ページ内を移動するためのリンクです

コンプライアンスへの取り組み

当社は「世界に通用する医薬品を通じて、お客様、株主、社会、社員に対する責任を果たすとともに、人々の健康に貢献する」ことを企業ミッションとして掲げております。その企業ミッションの実現のために、キャッシュフローを確保し続け、継続的に会社を発展させることを目指しています。

事業を通じてキャッシュフローを確保し続けるためには、厳しい経営環境下にあって他社との競争に打ち勝っていく必要がありますが、その場合においても企業倫理にもとるような行動は厳に慎まなければなりません。特に、生命関連製品である医薬品を提供している製薬企業として、より高度な倫理観に則った行動が必要であることは言うまでもありません。

そのため当社では、コンプライアンスの推進を重要な経営課題の一つとして認識し、その実効性を高めるため、コンプライアンス体制に関する規則を整備し、取締役会に直結する機関として社長を委員長とするコンプライアンス委員会を設置し、また、全社に関するコンプライアンス推進活動を所管するコンプライアンス推進部を設置しております。

コンプライアンス委員会は、コンプライアンスの推進状況等を把握し、コンプライアンスの推進に関する重要事項を審議・決定しますが、重大なコンプライアンス違反またはそのおそれがあると認められる行為に対する所要の措置等については取締役会に上程することとしております。

コンプライアンス推進部は、法令等の遵守を徹底するほか、取締役および使用人が共有すべき価値観、倫理観および遵守すべき規準を記載した指針等を作成・配付のうえ積極的かつ継続的に教育・啓発活動を行っております。

また、法令違反等の事実またはそのおそれを早期に認識するため、社内および社外に通報窓口等を設置し、通報があった場合には調査を行い、必要な措置を講じております。

当社では事業活動において、法令および企業倫理を遵守し、コンプライアンス重視の経営を推進します。

ページの終わりです