ページ内を移動するためのリンクです

環境・社会への取り組み

環境社会報告書

本報告書は、鳥居薬品の「地球環境」「社会」に対する取り組みや想いをステークホルダーの皆さまに、分かりやすくお伝えすることを目的として発行しています。また、ステークホルダーの皆さまの要請や期待をどのようにとらえ、何を目指して活動しているのかを、社員の声を交えながら、分かりやすくお伝えすることを目指しています。

動物実験における倫理的配慮について

製造する医薬品品質における安全性確保、また新薬の研究開発における有効性・安全性の確認を行うために、現状において動物実験は不可欠です。当社では「厚生労働省の所管する実施機関における動物実験等の実施に関する基本指針について」に基づき、動物実験に関する社内規定を定め、動物実験委員会を設置し、実験動物の適切な飼養および「3R※1の原則」に基づく動物実験の適正な実施に努めています。これらの取り組みを自己点検・評価し、動物実験等が適切に行われていることを確認しています。これら適切な動物飼養並びに動物実験については、第三者による点検・評価として、公益財団法人ヒューマンサイエンス振興財団動物実験実施施設認証センター※2による実地調査を受け、認証を取得しています。

ページの終わりです