鳥居薬品とは
ABOUT TORII PHARMACEUTICAL

  1. 採用情報総合TOP>
  2. 新卒採用>
  3. 鳥居薬品とは

TORII PHARMACEUTICAL CO. LTD

鳥居薬品製造薬品

築き上げてきた信頼
140有余年という長い歴史の中で

鳥居薬品は1872年の創業以来、140有余年という長い歴史の中で、
医薬品を通じて、今日の医療や人々の健康に貢献し続け、
築き上げてきた「信頼」があります。

人々の健康に貢献する医薬品を生み出してきたこと

高品質の医薬品を安定的に供給してきたこと

医療関係者へ適正使用情報を提供してきたこと

製品品質・安全性・有効性に関する情報を収集し、医療現場へフィードバックしてきたこと

より患者様のニーズに応えるため、既存製品の改良を行ってきたこと

140有余年の間、これらの取り組みを重ねたことによって「今」の信頼があります。

さらなる成長への挑戦
人々の健康や命に貢献

持続的な事業成長と中長期的な企業価値の向上を実現するため、
4つの重点領域(「腎・透析領域」「皮膚疾患領域」「アレルゲン領域」「HIV感染症領域」)に
経営資源を集中しております。

鳥居薬品の4つの重点領域

中長期的な成長に向けた積極的な事業投資の実施

探索・導入活動をより一層強化・推進し、将来の主力製品となり得る導入品(提携等を含む)の
獲得及び開発を目指します。

新製品の早期市場浸透・拡大及び各重点領域における主力製品の価値最大化

新製品の早期市場浸透・拡大に注力するとともに、ライフサイクルマネジメント(適応拡大、剤形追加等)の
取り組みを推進することにより、各重点領域における主力製品の製品価値最大化を図ります。

腎・透析領域

「リオナ錠(高リン血症治療剤)」について、「レミッチカプセル(血液透析患者における経口そう痒症改善剤)」に
並ぶ主力製品として育成すべく早期市場浸透・拡大に注力します。
「レミッチカプセル」をはじめとする既存製品の売上高の最大化を図ります。

皮膚疾患領域

2016年1月に日本イーライリリー株式会社と締結した「トルツ(ヒト化抗ヒトIL-17Aモノクローナル抗体製剤)」の販売提携活動に注力するとともに、皮膚疾患領域における当社プレゼンスの維持・強化を図ります。
「アンテベート(外用副腎皮質ホルモン剤)」をはじめとする既存製品について、
ライフサイクルマネジメントに注力することにより、製品価値の維持・向上を図ります。

アレルゲン領域

アレルゲン事業基盤の確立を図るため、引き続き減感作療法(アレルゲン免疫療法)の普及に取り組むとともに、
「シダトレン スギ花粉舌下液 (減感作療法(アレルゲン免疫療法)薬)」
「ミティキュア ダニ舌下錠液 (減感作療法(アレルゲン免疫療法)薬)」の早期市場浸透・拡大に注力します。
アレルゲン領域を事業の柱の一つとして育成するため、国内製造販売承認を申請中のスギ花粉症に対する
減感作療法(アレルゲン免疫療法)薬 TO-206(舌下錠)の円滑な上市、
「ミティキュア ダニ舌下錠」の小児適応に係る臨床試験等を推進いたします。

HIV感染症領域

「スタリビルド配合錠(抗HIV薬)」及び「ツルバダ配合錠(抗HIV薬)」の後継品である、
「ゲンボイヤ配合錠(抗HIV薬)」及び「デシコビ配合錠(抗HIV薬)」の早期市場浸透・拡大に注力することにより、
HIV感染症領域における当社シェアの維持・拡大を図ります。

詳細は以下をご確認ください。
「中期経営計画2018」の策定のお知らせ
PAGE TOP ▲