医薬品技術職とは
TECHNICAL


  1. 採用情報総合TOP>
  2. 新卒採用>
  3. 仕事を知る>
  4. 医薬品技術職とは

TORII PHARMACEUTICAL CO. LTD

医薬品技術職とは
TECHNICAL

鳥居薬品の医薬品技術職とは、医薬品を「生み出す」「造り出す」「科学する(保証する) 」部門において、ひとつの専門性にとらわれず、広い視野を持って業務に取り組む職種です。
鳥居薬品はそれぞれの部門が緊密に連携しながら、よりよい医薬品を患者様へ提供し、人々の健康に貢献することを目指しています。これらの部門において、社内外に壁を作らず、幅広くコミュニケーションをとり、自分の強みを活かし、主体的にチャレンジする人たちが働いています。

医薬品技術職の3つの部門

生み出す:開発グループ
鳥居薬品の未来を担う医薬品を生み出すグループです

研究所

医薬品技術職-研究所

研究所は減感作療法(アレルゲン免疫療法) 薬の開発、既に販売している医薬品の改良等を行い、患者様のQOLの向上に貢献できるよう全員で取り組んでいます。とりわけ減感作療法(アレルゲン免疫療法) 薬の開発は我々がこれまで培ってきた経験と実績を踏まえ、新たな世界を見据えています。
若手社員のチャレンジ精神とベテラン社員の経験を融合させ、当社のこれからの成長に向けた大きな一歩を踏み出していきます。医薬品の研究に熱意を持って取り組める人にとっては、そのエネルギーを発揮するチャンスが沢山あります。

医薬品技術職-研究所

臨床開発部

医薬品技術職-臨床開発部

臨床開発部では、主として既に販売している医薬品の改良等の企画・開発を担当し、承認取得に必要なデータを得るための臨床試験を実施しています。少人数ながら、減感作療法(アレルゲン免疫療法) 薬など、医療に大きく貢献できる可能性を秘めた製品の開発を手掛けています。一人ひとりが担当する業務は、範囲が広くて量も多く責任は重いですが、夢の実現に向けて挑戦のしがいがあり、やり遂げれば大きな達成感が得られる部門です。また、その過程において医薬品開発に関する多くのスキルが身につきます。臨床開発部では「よりよい医薬品をより早く患者様のもとへ届けたい」という想いを常に持ちながら、日々の業務に取り組んでいます。

ビジネスディベロップメント部

医薬品技術職-ビジネスディベロップメント部

ビジネスディベロップメント部は、他企業など外部組織の有する、医薬品、研究アイデア、技術を自社に導入し発展させるため、探索・評価活動、提携交渉などを行う部門です。対外活動が主ですが、社内関係部門を取りまとめるスキルも必要となります。案件毎に内容が異なるため、知識の習得を度々要求されますがこれを乗り越えて経験を積めば、医薬品ビジネスや関連技術全般に精通することができます。海外企業相手のやりとりが多いので英語での意思疎通能力が必須ですが、それにも増して、積極性と物怖じしない姿勢が大切です。ビジネスディベロップメント部は機能重視の少数精鋭集団ですので、やる気と適性があれば、若手社員でもどんどんチャレンジできます。

医薬品技術職-ビジネスディベロップメント部

メディカルアフェアーズ部

医薬品技術職-メディカルアフェアーズ部

メディカルアフェアーズ部は、2016年1月に新規立ち上げとなった部門です。メディカルアフェアーズの役割は、製薬業界においてもこれから発展していく分野で、メディカル/サイエンスの知識・情報を取り扱います。新薬は発売されたらそこで終わり、ではありません。患者様に処方されることで、新たな情報が蓄積され、製品価値は高まっていきます。その蓄積された情報を、また次の研究・開発に活かしていく、いわゆる“育薬活動”がメインの仕事になります。メディカルアフェアーズ部が求めている人財は、パイオニア精神・チャレンジ精神に溢れ、医療の発展のために貢献したいという強い熱意を持っている方です。

薬事部

医薬品技術職-薬事部

優れた医薬品を世の中に発信し、安定した供給を続けていくことは製薬企業の責務ですが、そのためには厚生労働省や医薬品医療機器総合機構などの行政当局のチェックを継続的に受けなければなりません。その際には医薬品の製法、特性を理解し、併せて医薬品医療機器法をはじめとする各種関連法令を十分に把握している必要がありますが、積極的に自ら学んでいけば、たとえ若手社員でもその能力を身につけることが可能です。薬事部は、ただの会社側の窓口ではありません。新しい薬の承認申請や販売している医薬品についてのさまざまな申請・届出、あるいは国内・海外の製造所関連の申請などを行うため、社内の関連部門を有機的に連携させる部門です。

医薬品技術職-薬事部

開発管理部

医薬品技術職-開発管理部

開発管理部は、開発グループの総合的なマネジメント業務を行っています。開発グループの経費予算・実績管理、医薬品技術職の採用・研修・育成、領域・ライフサイクル・プロジェクトマネジメントオフィス機能などです。持続的成長のためにはグループ、部門横断的な領域、製品ライフサイクル、研究開発プロジェクトのマネジメントが極めて重要です。それぞれのマネジメントの事務局機能を担う一方で、限定された資源でこれら活動を効果的・効率的に継続するためには、予算・実績管理も欠かせません。予算の管理は、会計知識などビジネスパーソンとしての幅広い見識が身につく上に、プロジェクトの方向性も左右する、大変やりがいのある仕事です。また、これらの業務を遂行するのはすべてヒトであり、人財管理(採用・研修・育成)も開発管理部の重要な業務の一つとして位置づけています。

造り出す:生産グループ
高品質の医薬品を安定的に造り出すグループです

生産物流部

医薬品技術職-生産物流部

生産物流部の主たる業務は「医薬品の安定供給」であり、人体に例えれば心臓と血管の役割を担っています。人の生命や健康に係わる医薬品を製造販売する当社にとって、安定供給は大変重要な業務であり、日々、売上動向を注視しながら品切れを生じさせないよう製造と在庫をコントロールしています。そのほか、業務は多岐に渡り、医薬品の価値向上や満足度向上の観点からパッケージデザインの改善等にも取り組んでいます。これらの業務を遂行するにあたっては、社内はもちろん社外取引先とも連携が必要であり、相手を理解し円滑なコミュニケーションを取りながら進めることが求められます。意欲を持って主体的に取り組むことができる人財には、様々な知識や技能を習得できる部門です。

医薬品技術職-生産物流部

佐倉工場

医薬品技術職-佐倉工場

佐倉工場は、当社唯一の医薬品製造拠点として、注射剤、軟膏剤・クリーム剤、錠剤と多様な医薬品の製造を行うとともに新薬開発に向けた治験薬の製造を行っています。ここで働く全員が「自分達が作った医薬品を患者様に安心して使用していただくには」を常に意識し、原材料の製造工程から製品の最終試験まで日々の徹底した品質チェックのみならず、より高品質な医薬品の製造を行うため、継続的な改善に取り組んでいます。この改善は社員の年齢・性別を問わず、また社内だけではなく取引先の原材料メーカーとプロジェクトを組んだり、大学の研究室と共同研究を行ったり、常に新しい技術や新たな発想にチャレンジし、各種技術課題の解決を通じて確実なレベルアップを目指しています。

科学する(保証する):信頼性保証グループ
市販後の医薬品をよりよいものにするために科学するグループです

安全情報管理部

医薬品技術職-安全情報管理部

安全情報管理部は主に医薬品の安全性に関する情報の統括管理を行う部門です。医薬品には効能効果と共に必ず副作用(リスク) が存在します。そのリスクを未然に防ぐため、また、重篤化させないため、医療関係者の皆様に適切に使用してもらうよう働きかけるのが我々の仕事です。具体的には、各部門と協力し、販売品の導入先メーカーや、医療現場、患者様など様々な方々からリスク情報を収集し、評価分析し、迅速かつ正確に情報を提供します。特に医薬営業グループ(医薬品のプロモーションを担う部門)とは情報収集の面だけでなく、医療現場へ適切な情報提供をするために綿密なコミュニケーションが不可欠です。このように他部門と連携しながら、一つひとつの製品をより安全な医薬品に育てることを目指しています。

医薬品技術職-安全情報管理部

品質保証部

医薬品技術職-品質保証部

品質保証部は、製造から市販後に至る医薬品の品質保証を行っています。例えば、医療現場などから情報(ニーズ)をいち早く入手し、社内や関連企業にフィードバックして製品改良や製造工程の改善に活用しています。また、当社製造工場や国内外にある社外の協力工場等へ、管理体制が適切に運用されているかの確認を定期的に行うほか、緊急時には直ちに訪問して共に課題解決をはかるなど、よりよい医薬品へ改善するための協力体制を構築しています。様々な現場で積極的に情報収集して身につけた幅広い知識と経験、これを支える軽快なフットワークによって、高品質な医薬品を恒常的に供給する取り組みを続けています。

メディカルコンプライアンス部

医薬品技術職-メディカルコンプライアンス部

メディカルコンプライアンス部では医薬品の効能・効果、使用方法、副作用等の特性を一つにまとめた添付文書を作成しています。また、患者様および医療関係者に情報が正しく伝わるよう、社内で作成される様々な資材について、内容が正確であるか、表現が適切であるか審査を行っています。一般に医薬品が承認・発売された時点では製品の情報は世に出るための最低限の情報に限られています。医薬品の価値を高め、患者様により適切に安心してお使いいただくためには、患者様および医療関係者からのニーズに応えて効能・効果、安全性、相互作用等について継続して情報を創出する必要があります。そのために社内外と連携して新たな研究課題を検討し、各種の試験・研究を実施、サポートして情報を創出し、育薬に参画しています。

医薬品技術職-メディカルコンプライアンス部

お客様相談室

医薬品技術職-お客様相談室

お客様相談室は、開かれた企業の窓口として、医療関係者をはじめ患者様やご家族(お客様)からのお問い合わせを通じて、お客様とダイレクトに繋がる部門です。お問い合わせは医薬品の製剤基本情報や使用法に関するものが多く、適切で誠実な対応を心掛けています。どんなに優れた医薬品でも、適正に使用されなければその効果は十分に発揮されません。医薬品を適正に使用していただくために、当社製品のみならず内外の医薬品情報を収集管理しながら、そのデータに基づいた公正かつ高品質な情報提供に努めています。また、お客様からいいただいた声は関係部門と共有し、連携を深めていくことで、適正な情報提供や今後の育薬に反映させ、患者様の健康に寄与していくことを目指しています。

PAGE TOP ▲