医薬品技術職

鳥居薬品の医薬品技術職とは、ひとつの専門性にとらわれず、広い視野を持って業務に取り組む職種です。
鳥居薬品はそれぞれの部門が緊密に連携しながら、よりよい医薬品を患者様へ提供し、人々の健康に貢献することを目指しています。これらの部門において、社内外に壁を作らず、幅広くコミュニケーションをとり、自分の強みを活かし、主体的にチャレンジする人たちが働いています。

tec_img1

信頼性保証グループ

安全情報管理部
tec_img9

安全情報管理部は主に医薬品の安全性に関する情報の統括管理を行う部門です。医薬品には効能効果と共に必ず副作用(リスク) が存在します。そのリスクを未然に防ぐため、また、重篤化させないため、医療関係者の皆様に適切に使用してもらうよう働きかけるのが我々の仕事です。具体的には、各部門と協力し、販売品の導入先メーカーや、医療現場、患者様など様々な方々からリスク情報を収集し、評価分析し、迅速かつ正確に情報を提供します。特に医薬営業グループ(医薬品のプロモーションを担う部門)とは情報収集の面だけでなく、医療現場へ適切な情報提供をするために綿密なコミュニケーションが不可欠です。このように他部門と連携しながら、一つひとつの製品をより安全な医薬品に育てることを目指しています。

薬事品質保証部
tec_img10

薬事品質保証部は、製造から市販後に至る医薬品の品質保証を行っています。例えば、医療現場などから情報(ニーズ)をいち早く入手し、社内や関連企業にフィードバックして製品改良や製造工程の改善に活用しています。また、国内外にある社外の協力工場等へ、管理体制が適切に運用されているかの確認を定期的に行うほか、緊急時には直ちに訪問して共に課題解決をはかるなど、よりよい医薬品へ改善するための協力体制を構築しています。また、薬事関連法規や承認事項の変更管理などに関わる行政相談を行ったり、行政当局から発せられる通知等を十分管理し、適切な社内対応や資料の作成を行っている。様々な現場で積極的に情報収集して身につけた幅広い知識と経験、これを支える軽快なフットワークによって、高品質な医薬品を恒常的に供給する取り組みを続けています。

メディカルインフォメーション部
tec_img12

メディカルインフォメーション部は、メディカルインフォメーション(製品に関わる学術情報)を取り扱います。医薬品の効能・効果や安全性情報などを一つにまとめた添付文書の作成や、それら製品情報を当社ホームページに掲載し、また、開かれた企業の窓口として医療関係者や患者様、ご家族からのお問合せを通じて、お客様とダイレクトに繋がる部門です。
どんなに優れた医薬品でも、適正に使用されなければその効果は十分に発揮されませんので、非臨床・臨床試験および市販後に得られた有効性、安全性や品質などの製品情報を、お客様にいかに正確に、迅速に、そしてわかりやすくお伝えすることを日々心がけています。また、お客様からいただいた声は関係部門と共有し、適正な情報提供や育薬に反映させ、患者様の健康に寄与していくことを目指しています。メディカルインフォメーション部では、一人一人が強い責任感をもち、円滑に情報を理解・共有するためのチームワークを心がけ、精力的に業務に取り組んでいます。

価値創造グループ

領域・製品戦略部
tec_img3

領域・製品戦略部では主に各領域戦略の策定や製品のライフサイクルマネジメントの推進等の業務を行っています。一人ひとりが担当する業務は、範囲が広くて量も多く責任は重いですが、夢の実現に向けて挑戦のしがいがあり、やり遂げれば達成感が得られる部門です。

事業開発部
tec_img4

事業開発部は、他企業など外部組織の有する、医薬品、研究アイデア、技術を自社に導入し発展させるため、探索・評価活動、提携交渉などを行う部門です。対外活動が主ですが、社内関係部門を取りまとめるスキルも必要となります。案件毎に内容が異なるため、知識の習得を度々要求されますがこれを乗り越えて経験を積めば、医薬品ビジネスや関連技術全般に精通することができます。海外企業相手のやりとりが多いので英語での意思疎通能力が必須ですが、それにも増して、積極性と物怖じしない姿勢が大切です。事業開発部は機能重視の少数精鋭集団ですので、やる気と適性があれば、若手社員でもどんどんチャレンジできます。

開発部
tec_img4

開発部は、当社が単独で開発を実施する導入品の開発業務を行っています。新医薬品の承認取得のための開発戦略策定、臨床試験・非臨床試験の実施、申請資料の作成等の機能を担っています。その他にも当社のフランチャイズ領域の一つであるアレルゲン領域等における品質整備にも取り組んでいます。

メディカルアフェアーズ部
tec_img5

メディカルアフェアーズの役割は、製薬業界においてもこれから発展していく分野で、メディカル/サイエンスの知識・情報を取り扱います。新薬は発売されたらそこで終わり、ではありません。患者様に処方されることで、新たな情報が蓄積され、製品価値は高まっていきます。その蓄積された情報を、また次の研究・開発に活かしていく、いわゆる“育薬活動”がメインの仕事になります。メディカルアフェアーズ部が求めている人財は、パイオニア精神・チャレンジ精神に溢れ、医療の発展のために貢献したいという強い熱意を持っている方です。

生産グループ

生産物流部
tec_img8

生産物流部の主たる業務は「医薬品の安定供給」であり、人体に例えれば心臓と血管の役割を担っています。 人の生命や健康に係わる医薬品を製造販売する当社にとって、安定供給は大変重要な業務であり、日々、売上動向を注視しながら品切れを生じさせないよう製造と在庫をコントロールしています。そのほか、業務は多岐に渡り、医薬品の価値向上や満足度向上の観点からパッケージデザインの改善等にも取り組んでいます。これらの業務を遂行するにあたっては、社内はもちろん社外取引先とも連携が必要であり、相手を理解し円滑なコミュニケーションを取りながら進めることが求められます。意欲を持って主体的に取り組むことができる人財には、様々な知識や技能を習得できる部門です。

CMC技術部
tec_img9

CMC技術部は、当社が単独で開発を実施する導入品の理化学的側面における評価および既存製品を含む製品の品質や処方・製法改良等の技術面における検討等のCMC(Chemistry, Manufacturing and Control)技術関連の業務を包括的に担っています。