新薬誕生につながる研究を行い、

アレルギー治療の未来を切り拓く。

医薬品技術職
研究所

入社2年目

医薬品技術職
研究所

入社2年目

新薬誕生につながる研究を行い、

アレルギー治療の未来を切り拓く。

  1. 採用情報総合TOP>
  2. 新卒採用>
  3. 人を知る>
  4. 医薬品技術職 研究所

TORII PHARMACEUTICAL CO. LTD

医薬品技術職イメージ1
入社を決めた理由について

「アレルゲン」という唯一無二の
専門領域に強く惹かれた。

元々、幹細胞を用いた再生医療の研究を8年間続けてきており、医療関連の企業を中心に就職活動を行っていました。その中でも、鳥居薬品はアレルギーの領域に特に強みを発揮していることが決め手となりました。唯一無二の専門知識や技術を持つ方々と共に切磋琢磨しながら、自分の専門スキルを活かしつつ、アレルギー疾患を治すために医薬品の研究をしたいと考えたのです。

医薬品技術職イメージ1
医薬品技術職イメージ2 医薬品技術職イメージ2
現在の仕事内容とやりがいについて

作用機序や薬効など、薬の核となる部分を
私たちの基礎研究が担っている。

私の所属チームは、アレルゲン免疫療法についての基礎研究や薬効・薬理評価を行っており、メンバーそれぞれがテーマに沿って研究を進めている一方で、重なり合う部分は協力し合っています。現在は、動物実験やヒト血液を用いたアレルゲン免疫療法の作用機序の解明や新薬に向けた基礎研究など多岐にわたった業務を行っています。
学生時代とは全く異なる研究に戸惑うことも多いですが、学生時代に培った知識や技術が役立つことから若手の意見も積極的に求められます。日々、先輩研究員のサポートのもと、新しい知識や技術を吸収できること、そして若手の内から研究に参加できる環境があることから大きなやりがいを感じています。

医薬品技術職イメージ3
  • 思い出に残るエピソードを教えてください

    入社2年目でアレルギー治療薬に関する
    医局との共同研究を担当。

    ダニアレルゲンによるアレルギー治療薬に関する共同研究の試験担当をしました。取得したデータをもとに、臨床医の先生方と様々なディスカッションを重ねながら、結果を導き出すことができ、自分にとって貴重な経験となりました。
    このように鳥居薬品には、若手であっても様々な経験を積ませる土壌があります。共同研究などを通して、若手の内から責任のある業務を任されることで、仕事に対しての取り組み方を早く学ぶことが出来ました。

  • 鳥居薬品とはどんな会社ですか

    アレルゲン事業を唯一続けている、
    職人気質な会社。

    新薬を患者さんに届けるためには、有効性や安全性に関する基礎研究が欠かせません。これまでに培ってきたアレルゲン領域の技術やノウハウを継承し、多彩なバックグランドを持つ研究者を有するこの会社だからこそ、アレルギー治療の未来を切り拓く画期的な新薬の開発が出来ると思います。アレルギー治療のリーダーとなる、そのためにチャレンジを惜しまない、そのような熱い思いを持ち続けている会社だと思います。

医薬品技術職イメージ3
これから就職活動を行う学生の皆さんに一言

学生の皆さんに一言学生時代に頑張ってきた経験をもとに、
自分を信じて努力すれば必ず道は拓けます。学生の皆さんに一言

学生時代は、自分自身と向き合うことで、自分の将来、
あるいはやってみたい仕事について色々と考えることができる期間です。
学生時代をどのように過ごしてきたか、
情熱を注いで取り組むテーマはあったか振り返ってみてください。
友人、恩師、家族に相談することで、今までとは違った自分が見えてきて、
より一層深い自己分析が出来ると思います。
深い自己分析は、自信や将来の選択肢を広げることに繋がります。
しっかりと自分自身を振り返り、自らの可能性を引き出してみてください。

※本内容は取材当時のものです。

他の先輩社員紹介を見る
Other members

PAGE TOP ▲