医療関係者、会社の上司や先輩、

様々な人との関わりを通して、

仕事への取り組み方が変わる。

MR職支店

入社15年目

MR職支店

入社15年目

医療関係者、会社の上司や先輩、

様々な人との関わりを通して、

仕事への取り組み方が変わる。

  1. 採用情報総合TOP>
  2. 新卒採用>
  3. 人を知る>
  4. MR職 支店

TORII PHARMACEUTICAL CO. LTD

MR職イメージ1
新入社員当時の思い出について

マイペースで考えも甘かった私が、
社会人へと成長した新人時代。

入社して最初の半年間は研修とMR試験に向けた勉強が中心になります。同期がコツコツと計画的に頑張っている中、私は元々がギリギリになってスイッチが入るタイプ。少し生意気な部分もありましたので、当時の上司には態度や言葉遣いなどに関して、よく指摘をいただくことがありました。
そんな私が無事に試験に合格できたのは、上司や周りからの叱咤激励があったからです。今でもそのときの上司の言葉を大切にしながら仕事をしています。

MR職イメージ1
MR職イメージ2 MR職イメージ2
現在の仕事内容とやりがいについて

私自身が一番輝き続けることができる
場所、それがMRだと気づいた。

この仕事の醍醐味は必要な情報、役立つ情報を必要とされる場所に届けること、それに尽きます。もちろんその先には患者さんがいるのですが、そのためにはまず医師や看護師の方々が製品の情報を正確に把握した上で安全に使っていただくことが大前提です。
一時期、結婚・出産を機にMRの現場を離れたことがあります。自ら希望した異動でしたが、やはり医療の最前線で働くエネルギッシュな日々が忘れられず、復帰しました。勘を取り戻すのは大変でしたが、現場の空気が肌に合うことを感じながら、日々使命感をもって働いています。

MR職イメージ3
  • 思い出に残るエピソードを教えてください

    苦節3年。気難しいと評判の先生から
    お褒めの言葉をいただいた瞬間。

    お伺いするたびに至らない点のご指摘を受ける、少し気難しい先生を担当していたことがあります。毎回緊張しながらも次こそは、と通い続けて3年が経とうとした頃「ようやく欲しい情報を持ってこられるようになった!」とお褒めの言葉をいただいたのです。
    医療関係者の求める情報は、当社の製品情報だけとは限りません。診療科の特徴や立場など、それぞれのニーズに応じて、きめ細かな情報提供をしていくことが求められます。この先生にはそのことをあらためて教えていただきました。この経験は今でも活かされています。

  • 鳥居薬品とはどんな会社ですか

    堅実なリスクマネジメントが
    隅々まで行き届いている会社。

    患者さんの生命に関わる領域なので当然なのですが、リスクマネジメントが細部にまで行き渡っている会社です。そういう意味でとても真面目な会社だとも思います。
    また、私は産休・育休制度を利用して復帰しました。女性も安心して働ける、理解のある職場だと思います。

MR職イメージ3
これから就職活動を行う学生の皆さんに一言

学生の皆さんに一言豊かな感受性を育むために、
多くのことを体験してください。学生の皆さんに一言

社会人になり様々な立場の方と仕事をしてみると、
視野が広がりそれまでの自分の価値観が変わってくることがあります。
就職活動の時期に限らず、普段から感受性を豊かにできるよう、
色々な人と話をし、学び、多くのことを経験してください。
そして、いつか一緒に働きましょう。

※本内容は取材当時のものです。

他の先輩社員紹介を見る
Other members

PAGE TOP ▲