薬の信頼性を高められるように、

リスク管理を徹底し、

適正な使い方を伝えていく。

医薬品技術職
安全情報管理部

入社3年目

医薬品技術職
安全情報管理部

入社3年目

薬の信頼性を高められるように、

リスク管理を徹底し、

適正な使い方を伝えていく。

  1. 採用情報総合TOP>
  2. 新卒採用>
  3. 人を知る>
  4. 医薬品技術職 安全情報管理部

TORII PHARMACEUTICAL CO. LTD

医薬品技術職イメージ1
入社を決めた理由について

花粉症を根治しうる薬を作っている
会社であること。

専門知識を活かして多くの人と関わり合いたい、社会に貢献したいという気持ちから製薬業界に絞って就職活動をする中で、鳥居薬品と出会いました。
花粉症を根治する可能性がある薬を作っている会社であることや、面接の際、和やかな雰囲気の中、じっくり話を聞いてもらえたことで、このような温かい雰囲気の会社で働いてみたいと思いました。

医薬品技術職イメージ1
医薬品技術職イメージ2 医薬品技術職イメージ2
現在の仕事内容とやりがいについて

薬の適正な使い方を伝え、
薬を育てていく。
世の中になくてはならない仕事。

医薬品の安全性に関する情報管理の統括部門で、市販後製品(主にアレルゲン製品)の安全管理情報の収集・評価・解析を担当しています。 医薬品には効果がある反面、必ず副作用(リスク)が存在します。そのリスクを最小限にし、重篤化させないためには、医療関係者への情報提供が欠かせません。副作用情報を含む適正使用情報を添付文書などの資材を通じて伝えることで、医療関係者の方々に適切かつ安全に使用してもらうためのリスク管理を行っています。
MRの方々を通して医療現場から速やかな情報収集を行う他、お客様相談室とも連携し、それぞれの製品をより安全な医薬品に育てるために日々奮闘しています。
また、PMDA(医薬品医療機器総合機構)への報告が必要な副作用症例は、法律で定められた期限内に迅速に報告を行います。安全管理業務は法令遵守を徹底していく緊張感のある仕事ですが、その分やりがいも大きい仕事です。

医薬品技術職イメージ3
  • 思い出に残るエピソードを教えてください

    医薬品製造販売業の業許可更新を
    初めて対応し、業務を通して
    新たに芽生えた自覚と責任。

    入社3年目に「医薬品製造販売業許可の更新の年」ということで、入社後初の東京都によるGVP(医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器及び再生医療等製品の製造販売後安全管理の基準)遵守状況調査の対応を任されました。リーダーの指示のもと、必要な書類を準備し、査察官からの質疑応答など想定し万全の態勢で臨み、無事に終えることができました。
    重圧感はありましたが、仕事の幅が広がり、更なる責任が芽生えたように思います。

  • 鳥居薬品とはどんな会社ですか

    社員のことをよく見守っていてくれる、女性が働きやすい職場。

    各部門が協力し合い、連携を図りながら成長をめざしている会社です。
    また、産休・育休の後、短時間勤務で復帰された先輩もいて女性には心強い職場です。私も入籍した年には、特別休暇を利用してハワイに行ってきました。(休暇制度が充実している点でも)社員のことをよく考えてくれている会社だと思います。

医薬品技術職イメージ3
これから就職活動を行う学生の皆さんに一言

学生の皆さんに一言自分が働く姿をイメージしながら、
興味がある会社を訪問すると良いですよ。学生の皆さんに一言

自分がどのような職業につきたいのか悩む方もいると思います。
まず、自分が安心して働くことができる会社を探すことをお勧めします。
皆さんの今後の生活の一部となる会社になるので、
決して妥協することなく、自分がそこで働く姿をイメージしながら、
色々な会社を見て回ると良いと思います。

※本内容は取材当時のものです。

他の先輩社員紹介を見る
Other members

PAGE TOP ▲