ページ内を移動するためのリンクです

製造活動

製造した医薬品の先にいる患者さんのために

鳥居薬品は、医薬品製造の全工程を委託しており、製造委託先との協業の中で、製薬企業としての医薬品の品質確保と安定供給の責任を果たすため、日々取り組んでいます。
人々の生命や健康に直接関わる医薬品には、より高度な品質保証と安全管理体制が求められています。
鳥居薬品は、医薬品製造の全工程を通して品質を維持するため、かつ「安心」という目には見えない気持ちをお届けするために、製造所との強固な連携体制を構築し、徹底した管理体制を敷いています。そして、製造される医薬品の先に、それを求め、必要とする患者さんやそのご家族がいることを社員一人ひとりが常に意識しています。
鳥居薬品は、患者様に安心して使用いただける医薬品を提供するため、医薬品の製造所を定期的に訪問し、実際に製造現場に入り、製造管理及び品質管理の状況を確認しています。
医薬品の製造所では、GMP※に基づいた品質管理体制の下、工程ごとに品質を確認しながら、医薬品を製造し、決められた試験を実施し、合格したもののみを出荷しています。
また、製品の品質に関係する情報を各製造所と共有し、日々、工程改善、品質改善に取り組んでいます。

※Good Manufacturing Practice:医薬品の製造管理及び品質管理に関する基準
GMPの三原則
人為的な誤りを最小限にする
汚染及び品質変化を防止する
高い品質を保証するシステムを設計する

安定供給

医薬品の安定供給は、生命に直結する医薬品を取り扱う企業として、最も重要な使命の一つです。
医薬品の安定供給には、サプライチェーン全体での取り組みが必要であり、原薬(主成分)やその他原材料の調達から医薬品の製造、適切な在庫量の保管、物流まで自社を含めて多くの取引先が関わっています。
製造面においては、不測の事態に備えた体制づくりを整備し、原薬や原材料を複数社から調達可能にするなどの取り組みを進めています。今後も、必要なときに必要な量を必要な場所へお届けできるよう、サプライチェーンの充実に努めていきます。

ページの終わりです